相談援助技術

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

009_convert_20131205103549.jpg


相談援助技術についてご紹介します。

バイステックの7原則
利用者と援助関係を結ぶときに活用が求められる原則
1.個別化
・利用者を個人としてとらえます。
2.意図的な感情表出
・利用者の感情表現を大切にします。
3.統制された情緒的関与
・援助者は、自分の感情を吟味してかかわります。
4.受容
・あるがままを受け入れます。
5.非審判的態度
・利用者を一方的に避難しません。
6.自己決定
・利用者の自己決定を促し、尊重します。
7.秘密保持
・秘密は絶対に漏らしません。

グループワーク(集団援助技術)
1.個別化
・利用者の個別化とグループの個別化の2つの側面からとらえる。
2.参加・協力の原則
・利用者が各自の能力に応じてグループに参加・協力する。
3.制限の原則
・生命をおびやかしたり、人間関係を破壊する行為などをとった場合は参加が制限される。

スーバービジョン
・スーパーバイジー(経験の浅いワーカー)に対して、同一職場などのスーパーバイザー(経験豊富なワーカー)が、助言指導を行うこと。
・管理機能、教育機能、指示機能などがある
グループ・スーパービジョン
・スーパーバイザーとの複数のスーパーバイジーによるスーパービジョン。
ライブ・スーパービジョン
・記録によらず、「なまの」場面で直接経験するスーパービジョン。
ピア・スーパービジョン
・学生同士、ワーカー同士などが互いに事例検討などを行うこと。

コンサルテーション
・関連機関や関連領域の専門家との相談などにより、援助者が専門的助言や示唆を受けること。
・スーパービジョンと違い、管理機能がないのが特徴。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.12.07 01:00 | コミュニケーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページコミュニケーション相談援助技術












管理者にだけ表示