事例調査

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG7476_convert_20150912145551.jpg

事例調査

単純観察法
1)参与観察法
・調査者自身が対象集団に入りこみ、内部から観察する
2)非参与観察法
・調査者が第三者として、あるがままの姿を外部から観察する
統制的観察法
・対象集団に、規制を加えたり、観察場面、手段に工夫を加えて観察を行う
個別インタビュー
1)構造化インタビュー
・質問票等に基づき、それぞれの回答者に同じ質問を同じ言葉で行う定型面接
2)非構造化インタビュー
・定まった質問を用意することなく、回答者の答えの内容や表情などに応じ、質問を調節したり、追加したり、場合によっては変更するといった柔軟な方法でインタビューしていく非定型的面接
3)半構造化インタビュー
・基本的には構造化された面接の手法によって進められるが、標準的な質問に向いていない項目や予想外の回答が返ってきた場合などには柔軟に対応し、自由な質問をはさんでいく
4)グループインタビュー
・調査する側が、データ収集目的のため、質問項目を挙げ、それに対してグループのメンバーが発言しあうことでデータを得る手法
標本誤差
・標本調査の結果として得られた推計値の正確さを表す数値
・標本の大きさと密接な関係がある
・避けられない
・量的な測定ができ、そのコントロールが可能

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2018.01.27 05:00 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示