認知症介護と障がい者支援

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG7018_convert_20150826085014.jpg

支援困難事例

支援困難事例の3つの発生要因
1)個人的要因
・強い不安、精神的不安定、気力・意欲の低下、判断能力の低下や不十分さ、各種の疾病や障害
2)社会的要因
・生活苦、生活環境の悪化、家族などの疾病や障害、家族との不和や虐待、近隣住民とのトラブル、地域からの孤立
3)不適切な対応
・援助者主導で本人の意思や意向の無視、不十分な連携や協議、ネットワークの機能不全
3つの発生要因に基づく枠組み
・3つの発生要因については、単独ではなく2つまたは3つなど複合的に重なることで支援困難事例が発生する
1)個人的要因+社会的要因
・本人が独居で認知症だが、認知症に対する近隣住民の理解が不十分→独居を望む本人と施設入所を求める近隣住民との葛藤
2)個人的要因+不適切な対応
・本人に脳梗塞による片麻痺があるため、援助者がリハビリを薦めたが、改善がみられない→本人が落ち込み、閉じこもる
3)社会的要因+不適切な対応
・介護者の家族が失業し、生活苦となり、援助者がサービスを大幅に減らした→ストレスの溜まった家族がネグレクト
4)個人的要因+社会的要因+不適切な対応
・本人が認知症を発症し、娘には精神障害がある。援助者は娘へのサポートをすることもなく、娘に親の介護を求める→娘の精神症状が進行し、本人に身体的虐待

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2017.07.21 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
CIMG7016_convert_20150826084920.jpg

インテーク面接

インテーク面接の過程
3)問題の確認と目標の仮設定
・援助者はクライエントの問題を整理して、解決すべき課題を確認し、援助目標と援助の計画を仮設定する
・この段階では、チェック方式でのアセスメントも、客観的状況を知るうえで有効
4)援助計画、援助期間、援助方法の確認
・援助者はサービスの内容、提供方法、費用などについてクライエントと話し合い、機関としてできない点があれば、それを明確にする
・そして合意の上で援助計画を作成する
・この過程を、介護サービスにおけるインフォームド・コンセントと言う
5)クライエンの合意と契約
・援助計画が作成されたら、クライエントの合意を得たうえで契約を交わす
6)終結
・面接の終了にあたっては、クラエイントが言い残した問題はないか、面接の成果はどこにあったかなど、面接の評価を相互に確認する
・次のステップが必要な場合は、それまでに予想される問題への対処について具体的な指示をするなど、見通しをもって終わらせなければならない
面接の記録
・面接のすぐあとには、援助者は面接の内容を正確に記録する必要がある
・記録すべき主な内容は、面接の経過、援助者としての意見と予測、緊急に対応すべきことがら、当面の課題、他機関との連絡の必要性とその経緯

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2017.07.20 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
CIMG7015_convert_20150826084851.jpg

インテーク面接

インテーク面接
→援助者とクライエントが相談のための場面で、初めて出会い、クライエントの状況や課題と機関や制度が提供できるサービスを確認しあい 、その後の援助計画を話し合って契約を結ぶ過程のこと
・この過程における面接がインテーク面接(受理面接、受付面接)
・必ずしも1回だけとは限らず、数回にわたることもある
・複数の面接員や複数の専門職が面接することもある
インテーク面接の過程
→インテーク面接には6つの過程がある
→面接は、見通しをもって終わる
→面接の経過について迅速、正確に記録する
1)導入と場面の設定
・初めての面接では、クライエントはさまざまな期待や不安を抱えているため、援助者は受容的で話しやすい雰囲気を作らねばならない
・援助者は、まず自己紹介をして、所属機関と自分の立場を明らかにする
・面接の目的について相互に確認し、クライエントの話を聴く準備があることを伝える
2)問題の確認と目標の仮設定
・クライエントの主な訴え(主訴)を受容的、非審判的な態度で傾聴し、クライエントの要求や問題解決能力を把握するよう努める
・クライエントが求めているサービスなどを確認しながら、利用できる機関やサービスについて説明する
(※次回に続く)

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2017.07.19 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
CIMG7014_convert_20150826084822.jpg

面接技術

コミュニケーションの基本技術
1)傾聴
予備的共感
・面接前に得られた情報から、問題の状況、クライエントの心理や周囲との関係などを予測し、クラエイントへの共感的な姿勢を準備する
観察
・面接でのクライエントや家族の反応、部屋の様子をよく観察する
波長合わせ
・相談援助者が、クライエントの意思や感情などの反応を確認しながら、自らの理解、態度、言葉遣い、質問の形式などを修正する過程
・クライエント側の修正もこれに含まれる
・共感的相互理解を深めるため重要
2)質問のしかた
・面接では相手の自由な答えを引き出すオープンクエスチョンが基本
・面接の方向性が定まらなくなったり、クラエイントが混乱したりした場合は、クローズドクエスチョンも有効で、その場合、3つ以上の選択肢から選んでもらう方法がよく使われる
3)課題に焦点を定める技術
・「励まし、明確化、要約」を行う技術
・「情緒の意味を考察し、相手に返していく」という技術

・クライエントの話を肯定的にとらえて励ましたり共感したりすると、問題点の側面が強調できる
・クライエントの感情を的確に受け止め、クライエントの言葉を反復したり、クライエントの話を要約することで、クライエントも自分の考えを整理することができる
・一段落ついたところで、面接の過程や到達点の評価を行い、要点のまとめや記録を行う
4)問題への介入
・問題点が明確になるに従い、傾聴の姿勢とは異なったアプローチが必要になってくる
・こうしたアプローチ方法には、クライエントを問題に直面させることへの援助、クライエントへの情報提供、異なった視点からの助言や提案などがある

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2017.07.18 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
CIMG7024_convert_20150826085410.jpg

面接技術

コミュニケーション過程としての面接
1)コミュニケーションとしての面接
・面接は相談援助者の一方的な情報提供や説得などの場ではなく、相談援助者とクライエントとの双方向的なコミュニケーションの場
・相談援助者は、クライエントの訴えを誠実、正確に受け止める姿勢、自身が伝えたいことを相手に分かるように伝えようとする熱意が求められる
2)非言語的なコミュニケーション
・言語によるコミュニケーションだけではなく、話すときの表情、声の調子、速度、視線、しぐさ、服装、身体的な接触などの非言語コミュニケーションも重要
・相手のコミュニケーション能力に応じて、イラスト、写真、文字盤など多様な表現方法を選択し活用する
3)外的な条件
・円滑なコミュニケーションを図るためには、面接場所の設定、部屋の雰囲気、椅子の配置、相談援助者の服装、書類の理解しやすさなどの外的な条件にも配慮する必要がある
4)面接の適切な進行
・相談援助者は、面接全体の時間配分、情報のまとめ方など面接全体の見通しを立て、進行させるための技術も必要
コミュニケーションの基本技術
1)傾聴
→相談援助者には、クライエントが伝えようとすることを、心を傾けて聴く傾聴の姿勢が求められる
(※次回に続く)

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2017.07.17 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |